ブログ

『これだ!と思える仕事に出会うには』シェリル・ギルマン

テンション上がったことから考えてみると・・・

本田健さんのプログラムで紹介されていた本。
最初は表紙がちょっと怪しい・・・なんて思っていたのですが、
今となっては楽しそうな表紙に見えます。
DOING WORK YOU LOVE こんなタイトルがなんかステキですよね。

結果でいうとまだ全部読んでないけど楽しかった!

①楽しい雰囲気があちこち出ている
②今の不満からではなく、今居る場所から考えていく
③ぎっしりなので、読み飛ばしてもOK

で、中身はというとワークがてんこ盛り、です。
学校の問題集さながら。
全部やるには、しばらくこもってやるのがいいのかもしれません。
本当にぎっしりです。
でも、表題のように出会いたいかたにはそれくらい集中して考えた方がいいのかもしれません。
これ2001年の本でした。
最近ではこんな内容の本は多いと思うのですが、当時はどうだったんでしょうね~。
その中でワタシが当てはめて自分のことを考えてみました。

ちょうどそのとき、

○Wifiについて質問されました。(Wifiにも違いがあるの?)
○質問されて嬉しいサカイ。『んっとね、○○△△でね、例えばストローでいうと・・・・』
○相手がわかったかどうかは置いといて、もっと聞いて聞いて状態なわけです。
つまりはこの本のワークでいうと・・・

「才能」持って生まれたもの、カンタンにできること

サカイの例:よくしらない人に説明すること、教えること

「スキル」学んで身に着けるもの

サカイの例:デジタル系スキル

「関心事」何故か自分をひきつけるもの、好きでたまらないもの
デジタル的な一般人にかかわるお話し、でもよく知らないかたもいるのね・・・と思っていること

と、ナットクしました。
才能とかだけで言われると、うーんとねとかなりますけど、
みんなも最近テンション上がったことから考えてみるといいかもしれませーん。

追記:

ちなみにスキャナーどれがいいと思う?とかそんな質問にもめちゃくちゃテンションあがります。
あとはEVERNOTEってどうやってつかうの?とか。
そしてMacとの違いなんて質問にはテンションがさがってしまいます、現状。

 

関連記事

ページ上部へ戻る