ブログ

ええじゃないか!

tago

水中で自撮りをするインストラクターってどうよ

今日の海での1枚。
冷静に考えると、これ、非難の対象かもしれない。
ダイビングインストラクターが、”仕事中に写真を撮って遊んでいる”
もしかすると基準違反なのかもしれない。
でも、ええじゃないか!
今日はサカイ的意見を書いてみます。

私はコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)で海やお客様の写真を、常日頃、撮っている、自分の責任で。
*お客様の記念で喜んでもらえることも多い。
*喜んでもらえるような写真を撮れて自分も嬉しい。
*遊び方の幅が広がるようダイビング、水中世界の普及に努めている。
といった理由で撮っている。
先日も体験ダイビングで撮った写真、すぐ欲しいとのこと。
今はプリントする必要もないので、コストもかからず、私はいいと思っている。
でも、目を離してはいけないという観点からはNGなのか?
時代も変わるし、ええじゃないか!
真剣に男性ならかっこよくみえるショット、女性ならきれいにみえるショットを考えてます。
水中見切れ写真なら、ダイビングをやってない人向けにどんなものがいいのかな?
見せることを前提に、写真撮ったり、撮られたり、文章を書いたりとかって、
より真剣に集中できると思いませんか?

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る