フューチャーマッピング(ファシリテーター)

FutureMappingとは、あなたの右脳の力を引き出す問題解決法

 

神田昌典さんの開発されたFutureMapping。

この手法を使った個人コーチングやチームファシリテーションのご紹介ページです。

まず、このFutureMappingを使うことでどう変わるのか?

大きな点は3つあります。

① あなたの内面にあるものを見える化することで、あなた自身が認識できる

② イメージやインスピレーションによる頭のトレーニングで活性化

③ 1人で出すものと違い、新しい意外な視点が入ることで見かたが広がる

 

多くのかたから言われるのが、

○自分で書いてみたけどよくわからない

○書いたけど何もおきない

○なんのために書くのかわからない

私も2011年に書いて、最初はそう思いました。

2日間の講座に参加して、良さはわかっても自分で再現できない!!!

そこからデイリーのFutureMappingを書くこと2年・・・

以降、年間計画・月計画・週間計画。

はたまた読書会企画にまで使うようになり、

感じているのは、『書きかたではなく捉えかたが大事』ということ。

今では経営者さんやチームのみなさんのファシリテーションをさせていただいていますが、

本当にこのFutureMappingは楽しいし、もっと広げたいし、みなさんに体験してほしいと心から思っています。

 

【酒井美佐が提供するFutureMappingプログラム】

<お手軽!週間を習慣にする、HappyWeeklyプロミ 90分で1週間の行動計画を作るプロアクションミーティング>

90分3,000円 特設ページはこちら→ http://prome.sakaimisa.com

<あなたの課題解決へのヒントをお手伝い!FutureMapping個人セッション>

120分15000円

<チームの課題解決へファシリテーション>

120分から150分 30000円

<書き方を基礎から学ぶアドバンス講座>

https://www.sakaimisa.info/futuremapping-ad

 

【お申込み方法】

質問・相談・申込みは問い合わせページからお願いします。

プロアクションミーティングとアドバンス講座はランディングページから申し込めます。

 

【酒井美佐のFutureMapping事例・実績】

2011年からFutureMappingを使い続ける。

2017年3月にファシリテーターに認定(FutureMappinファシリテーター15期)され、3月から毎週プロミを開催。

個人セッションでクライアントさんと書いたチャート数は2018年3月時点で65枚。

チームファシリテーションで書いたチャート数は2018年3月時点で38枚。

事例は近日更新予定

 

【プロアクションミーティングからのアンケート抜粋】

2018年3月1日時点

<プロミのここが良かった>

☆課題のアクションプランが楽しみながら出来ること

☆計画が、ねばならないからワクワクするへと変化した

☆自分1人で考えられないことが、他のかたの言葉で気がつけた

☆言葉だしにぴったり

☆目標を細分化できる

☆参加することで強制的に計画を立てることができる

 

ページ上部へ戻る