ブログ

いちばんやさしい○○○、という本達

itibanyasashii

いちばんやさしいシリーズに思うこととこの本について。

スリランカで読んでいた本はコレ。
リゾートにミスマッチ感あるのが、
個人的には○という変わった人物かもしれません。

いちばんやさしい○○という本はたくさん出ています。

ついつい読んでしまうサカイ的理由とは?

① 表紙が他のこんな本よりいい(実用性だけじゃない感あり)

② シリーズで出ている=ちゃんと売れている

③ いちばんやさしい!と断言されたらビギナーさんはそうか。と納得。

ただし、ただし、

残念な点もあります。

☆ なかなかの値段がする

☆ 私の持っているKindlePaperWhiteでは見辛い

そして期待することは、いちばんやさしいシリーズ全体が、

どんな人向けでどうすすんでいくのか?

そんな図でもイラストでもあるといいのになぁ。

つまりこの順番がいいとか、

今こんな状態のかたはこれ!

お悩み別とかあるといいのになぁ~。

(そう思ったら、自分が書けばいいことに気が付く。。。)

 

そしてこの『いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本』

前作の『商品を売るな』もよかったけど、

こちらのほうがさすが教本!

基本がたんたんと書いてあり、

次にやるべきことが示されていて、

私のレベルでは、

”安心感(それしってるー)もあり、

なるほど感(そっかー)もある”

定番おすすめになりそうな本でした。

一番大切なことは、コツコツ。

言いたいことより、役に立つことを積み上げる。

はい、本さま。

追記

こんなデジタル系実用書を使う読書会も考え中。

みんなでシェアして読めたら、お得だし、

みんなでどう使うかアイデアも出そうでいいなぁ~

と妄想中です。

追記2:

そっか、いきなりコンテンツマーケティングだ!

と、その前に、発信環境や基礎体力つけませんか?

発信カテキョやってます。

メルマガやLINE@で紹介しています!

LINE@はID検索で@sakaimisa

メルマガはhttp://sakaimisa.com/mm

登録お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る