ブログ

里山とは人の手の入った森林とのこと

本と人からヒントをもらう場のチャンスをもらう

急遽お話をいただいて、
色々作ったり、
本を用意したり、
打ち合わせにいったり。

あらためて
自分なりの『里山』進行形です。
イベントが終わったら、
サカイ的振り返りをお伝えしたいと思います。

私の提案を受けてくださった、

横田美宝子さん(3pmさん)遠藤さん(アルル農園さん)ありがとうございます!

行ったことない場所や、やったことない内容がダイスキなわたくし。

場所は使われていない中学校の美術室、南房総。

わくわく、わくわく。

とは、いうものの・・・

なかなかのアウェイ。ランクでいうとAランク。

そう思う理由はコレ

①内容的側面:里山ってよくしらない。。。

里山とは、人里に隣接した結果、人間の影響を受けた生態系が存在する山をいう(Wikiより引用)

ふむふむ、今調べたレベル。

本を用意しなくちゃいけない。

でもダイビング屋さんって里海だよね。。。

②人的側面:読書会をよくしている人がゼロ

そう、ワタシだけ。

③環境的側面:最大の山場がここか?

何人かも、どんな人かもわからない。

持ち時間50分、途中出、途中入が予想される。

本は約10冊

そして、やっぱりココでしょ。

読書会に参加したくているかたではない。

里山に興味があってその場に居合わせたみなさん。

AランクどころかAAランクかもしれません。

今回もどうなるのか?本当に楽しみです。

追記

リーディングファシリテーターではアウェイが大好き。

普段は”先に”や”新しい”が好きなだけです。

そして好きだと言ってると、なんか引き寄せますね。www

追記2

サカイの新しい取り組みの1つ、2015年冬至からのメルマガ。

発信が苦手なかた専用です。

まだのかた、ぜひ登録してね。

発信マインド&スキルが上がるメルマガ

発信マインド&スキルが上がるメルマガ

 

関連記事

ページ上部へ戻る