ブログ

高千穂が有名だからといって行きやすいとは限らなかった

段どってないし、旅。ご利用は計画的に。

勝手な思い込みだったことを身をもって体験しました。

行き当たりばったりも旅の醍醐味といえばそうだけど、
詰めの甘いフリータイムだった・・・反省、若干の下調べは必要。

◯ フリータイム最大11時間
◯ レンタカーあり
◯ いけるなら高千穂とやらに

と、だいたいの位置も把握せず、
大分空港→高千穂へ。

最初は海が見えてテンション高くとも、

途中から、ここは伊豆の抜け道か?
なかなかすごい道ばかり。
景色にも運転にも飽きてしまうけど、
でも途中リタイヤもできなさそう・・・

コンビニもないし、寄るところもなく、

ノンストップ約3時間。

しかも対向車も後続車もなくて、

あれだけ有名な高千穂なのに、みんなどうやって行ってるんだろうか?

バスとか通れない道ばかりなんだけど・・・

高千穂までついたら。。。

みんなどこから来たのか?くらい車はいっぱい、人もいっぱい。

ワタシは道を間違えたのだろうか疑惑でした。

渓谷の紅葉はまだ始まったばかり風だったので、

きっとこれからもっと訪れる人が多いんでしょうねぇ。

美しい場所でした。

そして帰りは行きと違う道を適当に選んだ結果・・・

終始前にも後ろにも車もなく、峠をいくつも超えた気がする。

途中迷って山中に入り込み、林道かこれは?をバックで降りる経験もし、

九州は山深いと身をもってわかることができました。

これから行かれるかたは、結構歩くし、

大分からの道は運転慣れているかたのほうがいいだろうし、

歴史の予習とか、あと、時間に余裕をもっていってらっしゃいなのでした。

追記:

高千穂峡のお茶屋さんにて、肉うどんを頼みました。

日本人のおねえさん、『コレ、ニホン、スパイス』とうどんに入れる薬味を

ワタシに手渡しました。

なんか悪いなと思って『Oh,Thnak you』と返す。

でも最後に『ごちそうさま』と日本語で言ってしまい、

少し気まずい空気になってしまいました。

ここでも、詰めが甘かったようです。

関連記事

ページ上部へ戻る