ブログ

まわりの本好きに頭が下がる一方

ワタシはたまに嗜む程度なのかもしれぬ

金・土・日と本をダシに遊ぶ3DAYSが終わりました。

お付き合いいただいたみなさん、いつもありがとうございます~。

実は昔の方が”本を読んでいる自信があった”のですが、

最近なくしつつあります。

ワタシは幼いころから絵本ではなく本を読んでいた!

ワタシの図書館(図書室)デビューは小1.モモからのスタート。

ワタシは読書に関して悩みは全くなかった。

少なくとも2012年くらいまでは、自分でもかなり読んでいる自負があったのですが、

実は全然だったということが判明。

まぁ人と比較するものでもないのですが、

ワタシは”たしなむ程度”だなぁと。

ジャンルも狭いし、
○○賞とか読んでないし、

本屋に行くのはクセだけど、買わないことも多いしなぁ~。
最近はSTORY(小説のこと)読むのも怖くなってきちゃいました。

だってはまったら怖い、徹夜とか目が痛くなるまで読んでしまいそうだし。

最近だめだめというか周りがすごすぎるわぁ。

とっても忙しく働いていたころ、

ちょっと良いホテルの良い部屋に1人。

本を山積みにしてこもる旅にハマっていました。

でも今ならきっとスマホやPCのほうで遊んでそうで。。。
本に触れすぎなのか?!

きっと今は本がただひたすら好きというより、
本を読むのはクセなだけで、
好きなところは新しい知識をぱぱっと入れることと、

最近みたいに本をダシに遊ぶことなのかもしれませ~ん。
と、この画像を見て、みんなすごいよなぁとか思った次第です。

追記

小さいころ、どんな本を読んでたのか、
タイムマシンがあったら”ちゃんと”見にいきたいとか思いませんか?

ファーブル昆虫記は絶対に読んでないはず。(虫にがて)

偉人さん伝記シリーズは表紙が好きになれず読んでないはず。

昔から装丁次第だったと思われる・・・
平家物語の装丁が好きでわけもわからず読んだり、

『大きな森の小さな家』のきれいな本を手にした瞬間のこと、

きっとずっと忘れないと思うもの。わぁって。

 

関連記事

ページ上部へ戻る