ブログ

『コーチングが人を活かす新装版』鈴木義幸

なんて薄い本?!

この本はコーチングってなんだ?!とか、

みんながみんな『コーチング』って言ってるなぁ(やや批判的に)そう思っているかたへおススメ!!!

○ どうしてみんなコーチングコーチングというようになったかわかる

○ この本はコーチングという言葉を使う以外でも使える

○ 難しい理論よりわかりやすく、見開きページで紹介されていてカンタンに読める

中野巧さんのメルマガかな?紹介されていて読みました。

文章にも使えると。

コーチングをうたわない場面でも、知っておいて損はなくトクがおおいです。

その中で一番身にしみたのは『沈黙』でしょうか。

ちょうど個人セッション(やる側)の直前に読んだので、

いままでの”困った沈黙”→”余裕のある沈黙”にできました。

ぜひカンタンに読める本なので、この中の1つでも使えることあるはず、読んでみてくださいね。

追記

装丁好きのワタシには配色も手触りも気に入りました!

関連記事

ページ上部へ戻る