ブログ

ファシリテーションで自分をゴキゲンにする『幸、多かれ』

手法はチームによるけど対話が生み出せるかどうか、だけ

暑すぎて海にも行けない?!

すっかり引きこもって、PCとZOOM(オンライン)とKindleな日々。

みなさんはどんな夏をお過ごしですか?(ってか生きてるかー?)


最近、クライアントさんとの間でよく出てくるのが、

『自分をゴキゲンにするには?』

あなたはどんなことで自分をゴキゲンにしていますか?

実は旅先でオンラインなどでお仕事も、私は鼻歌まじりでゴキゲン。

ライディングページ作ったり、デジタル的なこともゴキゲン。

でも一番はチームファシリテーションをすること、だったりします。


今日は、サカイ的チームファシリテーションの面白さを書いてみますね。

あなたもぜひ、どんな仲間と未来を描きたいか想像してみて!

私はチームファシリテーションが面白くて仕方ない。
終わったら、始まる前より確実にエネルギーが高い!!!

インストラクションも好きだけど、

やっぱりファシリテーションはもっともっと違うなぁ~

 

私は18歳から家庭教師や塾講師や、PC講師らなんやら、

そして20年に渡るダイビングインストラクターと、

私なりに教えることをずーっとしてきた。

その私が読書会に出会って、即、『これやってみたい!!!』

参加したいのではなく、開催したい。以降、今に続く。

今はFutureMappingもそうだし、懇親会担当だって立派なファシリテーションだと思っている。

みんなが未来に思いを馳せ、意見を出しあって対話を促すのが役割です。

使うツールはそんなにこだわらずともよくて、究極、参加者が未来に意識が向けばいいのでは?

チームで対話するいいことは、とは?
☆ どんなチームも日頃でてきた”ひずみ””ズレ”の修正つまRチームのメンテナンスができる
☆ 一緒に未来を妄想することで、いい気分を共有できる
☆ チームメンバーの意外な一面を発見する事ができる
他にもいいことはたっくさんあると思います。

 

個人的には、最初の空気感が悪くても、ある時カチッと場の空気が変わるんですよ。

この瞬間がたまらなく好きなんです。

空気が変われば勝手にうまくいくんですよね。

私はいつも終わったときに心の中で『幸、多かれ♪』と言ってます。



まとめるとチームの対話はどこも大切だと思います。

私がスタッフを雇っていたころ、もっとこれが分かっていたらなぁなんて今となっては思う。

(まったくよろしくないリーダーだったな・・・)

 

あなたはどんなチームと未来を描きたいですか?

もしまわりにそんなチームがなかったら、作るとするとどんな人達ですか?

妄想も楽しいですよ!

画像は先日ファシリテーションをさせていただいたCCBというバンドメンバーのみなさま。

勝手にお借りしてごめんっ。

なんかみんないい表情だなと思って~

関連記事

ページ上部へ戻る